インフォメーション

2017-11-30 07:59:00

カウンセリング お試しキャンペーン

非正規、正社員の副業、給料がなかなか上がらない、、、転職したいな。今の会社で何ができるか、したいのかわからない。職場や学校の人間関係に悩んでいる。転職したいけど今の会社大丈夫かな。契約更新できなかった。キャリア支援うきたではキャリアに悩む皆さまのためにキャリアカウンセリングいたします。

 

料金: ¥4000/50分 

        ¥3000/50分(学生)

 

お気軽にお問合せ下さい。お申込み時に初回とお伝えください。

http://r.goope.jp/carrer2014/contact

 

 

 

2017-11-26 08:36:00

産業カウンセラー、キャリアコンサルタント

産業カウンセラー、キャリアコンサルタント試験を受験予定の皆様、キャリア支援うきたでは実技試験対策を行います。(60分/¥5000、120分/¥10000)

 

傾聴出来てるかな、試験ってどんな感じなの?ロールプレイは緊張しちゃう。本番前に練習してみませんか?

 

場所は便利な東京新宿。1名様より催行いたします。グループ(複数)での申し込みも受付中です。下記メールアドレスにお気軽にお問い合わせ下さい。

 

jobsuccessful2014@gmail.com

 

 

 

 

 

2017-11-24 06:43:00

カウンセリング お試しキャンペーン

非正規、正社員の副業、給料がなかなか上がらない、、、転職したいな。今の会社で何ができるか、したいのかわからない。職場や学校の人間関係に悩んでいる。転職したいけど今の会社大丈夫かな。契約更新できなかった。キャリア支援うきたではキャリアに悩む皆さまのためにキャリアカウンセリングいたします。

 

料金: ¥4000/50分 

        ¥3000/50分(学生)

 

お気軽にお問合せ下さい。お申込み時に初回とお伝えください。

http://r.goope.jp/carrer2014/contact

 

 

 

2017-11-23 07:31:00

セルフキャリアドック、メンター制度

キャリアの“定期検診”の機会を企業が整備
導入すれば助成金の対象に

政府は、2015年6月に「セルフ・キャリアドック」の導入・促進を盛り込みました。その背景について、「労働市場インフラとして、働き手が自らのキャリアについて、主体的に考える習慣を身につける環境を整備することが重要である」と言及。「定期的に自身の職務能力を見直し、今後、どのようなキャリアを歩むべきかを確認した上で、身につけるべき知識・能力・スキルを確認する機会――『セルフ・キャリアドック』を整備する」としています。

「セルフ・キャリアドック」の“ドック”は体の健康診断と同じように、従業員に自身のキャリアの定期検診を受ける機会を整備・提供し、キャリア形成に関する従業員自らの課題認識や、キャリアプラン作成、見直しを支援するのがねらいです。

キャリアに関する相談・支援と言うと、従来は離職・転職者を中心にでしたが、ビジネスパーソンは勤務している間にも、年齢に応じて、あるいは異動や役職変更などに伴って、キャリアの節目を多く迎えます。その都度、目の前の仕事をこなしながら、自分できちんとキャリアについて考えることは容易ではありません。相談するにしても、どこに相談すればいいのか、よくわからないという人が少なくないでしょう。「セルフ・キャリアドック」を制度として構築すれば、定期的かつ効果的なタイミングでキャリアコンサルティングを受けることができ、働き手は実際に節目が来てから慌てるのではなく、いまの自分に何が必要かをより早い段階で知ることができるのです。

その結果、メリットとして、次の三点が期待されます。

(1) 労働者が主体的に自らのキャリア開発に取り組むようになり、仕事へのモチベーションが向上する
(2) 新規採用者の定着の支援や育児休業者の復帰などをスムーズに行うことができる
(3) 上記の(1)(2)により、職場の生産性を向上させることができる

政府はこの取り組みを推進するために、一定の要件を満たしたセルフ・キャリアドック制度を導入、実施することを「助成金」の要件にするなどして、企業をサポートしています。

キャリア支援うきたでは法人の皆様の「キャリアのサポート」を行っております。
お気軽にお問合せ下さい。

 

2017-11-23 07:31:00

セルフキャリアドック、メンター制度

キャリアの“定期検診”の機会を企業が整備
導入すれば助成金の対象に

政府は、2015年6月に「セルフ・キャリアドック」の導入・促進を盛り込みました。その背景について、「労働市場インフラとして、働き手が自らのキャリアについて、主体的に考える習慣を身につける環境を整備することが重要である」と言及。「定期的に自身の職務能力を見直し、今後、どのようなキャリアを歩むべきかを確認した上で、身につけるべき知識・能力・スキルを確認する機会――『セルフ・キャリアドック』を整備する」としています。

「セルフ・キャリアドック」の“ドック”は体の健康診断と同じように、従業員に自身のキャリアの定期検診を受ける機会を整備・提供し、キャリア形成に関する従業員自らの課題認識や、キャリアプラン作成、見直しを支援するのがねらいです。

キャリアに関する相談・支援と言うと、従来は離職・転職者を中心にでしたが、ビジネスパーソンは勤務している間にも、年齢に応じて、あるいは異動や役職変更などに伴って、キャリアの節目を多く迎えます。その都度、目の前の仕事をこなしながら、自分できちんとキャリアについて考えることは容易ではありません。相談するにしても、どこに相談すればいいのか、よくわからないという人が少なくないでしょう。「セルフ・キャリアドック」を制度として構築すれば、定期的かつ効果的なタイミングでキャリアコンサルティングを受けることができ、働き手は実際に節目が来てから慌てるのではなく、いまの自分に何が必要かをより早い段階で知ることができるのです。

その結果、メリットとして、次の三点が期待されます。

(1) 労働者が主体的に自らのキャリア開発に取り組むようになり、仕事へのモチベーションが向上する
(2) 新規採用者の定着の支援や育児休業者の復帰などをスムーズに行うことができる
(3) 上記の(1)(2)により、職場の生産性を向上させることができる

政府はこの取り組みを推進するために、一定の要件を満たしたセルフ・キャリアドック制度を導入、実施することを「助成金」の要件にするなどして、企業をサポートしています。

キャリア支援うきたでは法人の皆様の「キャリアのサポート」を行っております。
お気軽にお問合せ下さい。

 

1 2 3 4 5 6