インフォメーション

2015-08-31 01:29:00

★就職内定ゲット★3か月コースのご案内

就職内定ゲット3か月コース

 

「本当に就職出来るだろうか?」「就職早く決めたいな」「でも、受かったら必ず行かなきゃいけないの?」 就職活動って色々な悩みがありますよね。そんな不安を自信に変え、内定獲得を目指すコースです。就職活動は悩みを抱えますが、目標を持たなければいけません!焦ってもダメ!ゆっくりしてもダメ!誰かのサポートがしっかり欲しい方にお勧めです。

 

1回50分 (6000円X12回)72000円を62000円で体験出来るフルサポートのコースです。

 

  • *お悩みを聞きます。
  • *方向性を導きます(応募する業界、職種の選定)。
  • *業界研究をします。
  • *状況に合わせて求人情報の提供を行います。
  • *あなたらしい履歴書の書き方、職務経歴書、自己PR書の書き方を指導します。
  • *面接の対策をします。

 

上記をしっかり行うことで内定に導きます。 原則は週1回で行いますが、急いでいる場合は週2回行うことも出来ます。 基本料金 72000円が62000円で出来るコースです。 10000円もお得ですので、その分面接の交通費や応募書類の郵便料金等に回せます。

 

  • ★何から始めたらよいのかわからない
    • ★期限を決めてやりたい。
    • ★就職(転職)活動を1人でするのは不安。
    • ★安心なサポートが欲しい。
    • ★年齢がいっているけど就職決まるかな。

     

    以上の方は是非ご検討ください。

    尚、就職が3か月以内に決まった方は内定後、入社後のご相談にご利用いただけます。(原則1回まで)

     

    ボタン:カウンセリングメニューをみる

     

    「100社以上応募したSE(システムエンジニア)が内定ゲットするまで」

    カウンセラー 宇喜田

    クライエント 40代後半・既婚男性

     

    2011年のリーマンショックのあおりで仕事が激減し、会社都合で退職。困った様子で個別相談に来談。

     

    初回面談

     

    「既に数十社応募しているが、書類に全然通らない。」「年齢的に、システムエンジニアの仕事で探すのはきついが、好きな仕事なのでまた続けたい」と痛切な様子。 初回面談ではお話を聞き、専門のシステムエンジニアのアドバイザーを紹介。

     

    二回目の面談

     

    後日、再度クライエントから「紹介されたアドバイザーから年齢的に厳しい」と言われたとショックな顔で来談。クライエントのお話を聞く中で、お二人のお子さんなど家族を養う身としてすぐに仕事を探さなければならないが、どうしてもシステムエンジニアの仕事を続けたいという意向が 分かり、過去に応募した履歴書、職務経歴書を拝見。 正直、職務経歴書は過去の仕事内容がぎっしり書かれていて、見にくい。また専門用語も 羅列してあり、専門職以外の人(採用担当者)が見てわかるようにクライエントの書類について質問をしながら再度書き直すようにアドバイス。

     

    三回目の面談

     

    再度チェック。前回に比べてすっきりした印象だが、まだまだ複雑。 自己PRも加えてもう少し簡素化するようアピール。特に40代後半はプロジェクトリーダ ーとしての経験も求められることをアドバイスし、職務内容にリーダーとしての経験を加えるようにお話をした。合わせて40代後半の男性が他に出来る仕事は何か?と聞かれ、 他の職種(ドライバー職)などの情報提供。職種を変える時は特に書類の内容を他者に分かるようにすることをアドバイス。

     

    四回目の面談

     

    書類に関してはほぼ採用担当者の視点で見られるようになった。 求人探しについては転職サイトやハローワークで探すようにアドバイスをしたが、 年齢的にも給料面が高いところ、またはリーダーを欲しがっている求人票の探し方もアドバイス。やみくもでなくそういうところ「適職適材適所」に応募することで書類通過 率を上げた。

     

    五回目の面談

     

    クライエントが東京新宿にある会社から面接の連絡があったと非常に喜んだ顔で来談。 その日の夕方から面接なのに、午前中から私のところに報告に来たのはよっぽど嬉しかったのだろう。同時に他の職種でも面接に呼ばれたとのこと。

     

    六回目の面談

     

    先日の面接の報告。いきなり年下の社長との面接だった。約一時間話したが、話も弾み、 久しぶりの面接で非常に楽しかったと報告あり。しかし、雇用形態が正社員ではなく、契約社員だと言われ不安だ。同じような条件の会社で他の会社にも応募するようにアドバイ ス。こちら側でもクライエントに良さそうな求人を紹介し、応募を促す。ドライバー職の面接も無事終了したと報告あり。

     

    七回目の面談

     

    六回目の面談の一週間後、再来談。 先日紹介してもらった会社の面接に行って来た。 人事部の人との話も弾み好感触だったが、まだ結果待ちで不安でいっぱい。

     

    八回目の面談

     

    先日受けた会社から採用の連絡があったと報告とお礼。「今まで書類に通らなかったのはなぜだったのだろう」、「もっと早く宇喜田さんにお会 いしたかった」「同じような境遇の友人を紹介したい」とお礼。これで相談は終了を告げ、新たな新天地で頑張るようクライエントを励ます。ドライバー職は辞退したとのこと。  

     

    今回の転職活動の中で、クライエントの年齢、家族構成、これまでのキャリア、やりたいことなど振り返り、育ち盛りの家族を抱えるクライエントが一度は違う業種への転職( 面接)に行きながらも、やっぱり前職(システムエンジニア)の仕事に未練を感じている 様子が分かり、「何事もあきらめない」ようクライエントの意向を尊重。年齢的にも正社員の求人に絞る、給料も高く、リーダー経験を書類に織り交ぜることで最終的にクライエントの書類通過率を上げ、初回面談から二か月でのスピード内定をゲット。